R7.SUGO

シーズン総合優勝を占う天王山にGAINERが挑む!


9月21・22日、SUPER GT 2019シリーズ第7戦がスポーツランドSUGO(宮城県)で行われた。
今季のSUPER GTも本レースを含め残すところ2戦となるため、第7戦が総合優勝を占う天王山と言える。
予選は気温20℃、路面温度25℃でコースレコードが飛び出すほどの良状況。
しかし決勝当日は、前日とは打って変わってウェットコンディションとなり、レースはセーフティカー先導でのスタートとなった。
レース開始時のタイヤをスリックにするかウェットにするか、この選択が勝負の明暗を分けた。

11号車GAINER TANAX GT-Rは、第6戦終了時点で年間ランキング5位と総合優勝も狙える
ポジションにあったものの、予選の結果が振るわず決勝は17番手でスタート。
巻き返しを狙って本戦に挑むが、スタート時のタイヤチョイスを誤ったことが影響して22位でレースを終えた。

第6戦終了時点で年間ランキング11位だった10号車GAINER TANAX triple a GT-Rにとって、
本大会は総合優勝に望みを繋ぐ上で大切な一戦。
その意気込みを感じさせるレース運びで、予選は8位とまずまずの成績。
しかし決勝では、11号車同様スタート時にスリックタイヤを選択してしまったことで、15番手まで後退してチェッカーを受けた。

今大会は予選と決勝でコースコンディションがガラリと変わり、
決勝では雨の影響でGT500、GT300ともにスリップするマシンが続出するほど難しいレースとなった。
SUPER GT 2019シリーズも残すは最終戦のみ。
10号車、11号車ともに総合優勝への夢は潰えてしまったが、最終戦では有終の美を飾る走りを見せてほしい。

GAINER
10号車 GAINER TANAX triple a GT-R 【ドライバー】星野 一樹 選手、石川 京侍 選手
11号車 GAINER TANAX GT-R 【ドライバー】平中 克幸 選手、安田 裕信 選手

予選:2019年9月21日(土)・決勝:2019年9月22日(日)

© H.Minami

Round1.OKAYAMA RACE REPORT

4月13日、14日に岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2019の開幕戦の模様をレポート

Round2.FUJI RACE REPORT

5月3日、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2019の第2戦の模様をレポート

Round3.SUZUKA RACE REPORT

5月25日、26日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT 2019の第3戦の模様をレポート

 

Round4.THAILAND RACE REPORT

6月29日、30日にタイで開催されたSUPER GT 2019の第4戦の模様をレポート

Round5.FUJI RACE REPORT

8月3日、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2019の第5戦の模様をレポート

Round6.AUTOPOLIS RACE REPORT

9月7日、8日にオートポリスで開催されたSUPER GT 2019の第6戦の模様をレポート

 

Round7.SUGO RACE REPORT

9月21日、22日にSUGOで開催されたSUPER GT 2019の第7戦の模様をレポート

 

Top