R6.AUTOPOLIS

雨に見舞われたオートポリスはトップが何度も入れ替わる激戦に!


9月7・8日、オートポリス(大分県)でSUPER GT 2019シリーズ第6戦が行われた。
本レースは予選・決勝で延べ2万7310人の観客が来場。
路面温度50℃を超える中で行われた第5戦と比べ、第6戦は気温27度、路面温度33度と落ち着いた中でレースがスタートした。
しかし、決勝当日はあいにくの空模様で、レース途中から1コーナー周辺のみ雨が降り始めるという特殊な環境に。
その影響もあってか、レース中盤までトップが何度も入れ替わる激戦となった。

全体5番目のウェイトハンディを積んだ11号車GAINER TANAX GT-Rは、第5戦終了時点で年間ランキング4位。
第6戦は同ランキングをさらに上げるために重要な一戦となったが、予選は20位、決勝は15位という結果に。
第5戦と同様、決勝では巻き返しを見せたが、上位に名を連ねることはできなかった。

第5戦終了時点で年間ランキング11位の10号車GAINER TANAX triple a GT-Rは、
スロー走行中の車両に引っかかってしまう不運もあり予選を10番手で終えた。
巻き返しを狙う決勝も順位を上げることはできず、10位でチェッカーを受けた。

第6戦を15位で終えた11号車は、年間ランキングの順位を1つ落とし5位となった。
第6戦は降雨の影響もあり、GT300クラスで計4台がリタイアする事態となったが、
10号車・11号車ともに苦しみながらも完走にこぎつけた。
SUPER GT 2019シリーズも残り2戦、総合優勝の可能性が残る両マシンの健闘に期待したい。

GAINER
10号車 GAINER TANAX triple a GT-R 【ドライバー】星野 一樹 選手、石川 京侍 選手
11号車 GAINER TANAX GT-R 【ドライバー】平中 克幸 選手、安田 裕信 選手

予選:2019年9月7日(土)・決勝:2019年9月8日(日)

© H.Minami

Round1.OKAYAMA RACE REPORT

4月13日、14日に岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2019の開幕戦の模様をレポート

Round2.FUJI RACE REPORT

5月3日、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2019の第2戦の模様をレポート

Round3.SUZUKA RACE REPORT

5月25日、26日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT 2019の第3戦の模様をレポート

 

Round4.THAILAND RACE REPORT

6月29日、30日にタイで開催されたSUPER GT 2019の第4戦の模様をレポート

Round5.FUJI RACE REPORT

8月3日、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2019の第5戦の模様をレポート

Round6.AUTOPOLIS RACE REPORT

9月7日、8日にオートポリスで開催されたSUPER GT 2019の第6戦の模様をレポート

 

Top