R5.FUJI

予選3位の10号車が灼熱の500マイルを激走!

2018 AUTOBACS SUPERGT第5戦「FUJI GT 500mile RACE」が富士スピードウェイ(静岡県)で行なわれた。
今シーズンの富士戦は例年通り5月と8月の2回開催だが、レース距離がそれぞれ500kmと500マイル(約807km)となる。
そのため、第5戦が今シーズン最長レースとなるのだ。

7月からの酷暑は8月になっても続いており、8月4日の公式練習がスタートする午前8時40分の時点で、すでに気温は28度(路面温度35度)。
そんなコンディションの中、長距離のレースを走り抜かなければならないのだが、
10号車GAINER TANAX triple a GT-Rが公式練習で、トップタイムとなる1分37秒992を記録した。
公式練習で1分38秒を切ったのは、唯一10号車だけだった。

午後から行なわれた公式予選では、Q1を3番手で通過。
上位に残った各マシンがしのぎを削ったQ2も3番手。
公式練習ではトップタイムをマークしていただけに悔しさの残る予選結果となったが、表彰台を狙える位置につけた。

約4万人の大観衆が集結した8月5日の決勝レースでは、一時は2番手にポジションアップするなど、大きなミスもなく順調に周回を重ねていった。
しかし、1時間ほど経過したところで、他車のスピンに巻き込まれてしまい、10番手まで後退。
残り時間でプッシュするも8番手でチェッカーとなった。一方の11号車は、ウエイトハンデの影響で予選は10番手。
決勝レースでもタイヤと路面温度がマッチせずに苦戦を強いられ、22番手でフィニッシュとなった。

GAINER
10号車「GAINER TANAX triple a GT-R」 【ドライバー】星野 一樹 選手、吉田 広樹 選手
11号車「GAINER TANAX GT3」 【ドライバー】平中 克幸 選手、安田 裕信 選手

予選:2018年8月4日(土)・決勝:2018年8月5日(日)

© H.Minami

Round1.OKAYAMA RACE REPORT

4月7日、8日に岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2018の開幕戦の模様をレポート

Round2.FUJI RACE REPORT

5月3日、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2018の第2戦の模様をレポート

Round3.SUZUKA RACE REPORT

5月19日、20日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT 2018の第3戦の模様をレポート

 

Round4.THAILAND RACE REPORT

6月30日、7月1日にタイで開催されたSUPER GT 2018の第4戦の模様をレポート

Round5.FUJI RACE REPORT

8月4日、5日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 2018の第5戦の模様をレポート

 

Top